昔話の効用<2>

11月19日の記事(昔話の効用<1>)で、

昔話を6歳までに読むと、
善悪の区別がつきやすい
と書きました。

例えばこんな昔話。
( )内は、そのお話の教訓だと
私が思う内容です。

・こぶとりじいさん (嘘はつかないこと)
・はなさかじいさん (人のものを取らないこと)
・したきりすずめ (欲張ることは良くないこと)
・さるかにがっせん (弱いものをダシにしないこと)

それから、昔話によく登場する「鬼」は、
村の人々をいじめていますが、最後に必ずやっつけられます。
(弱いものいじめはしないこと)

c0253382_1656859.gif

単純明快。

これこそが、昔話の強みです!


可愛いイラストは、「こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ」さんより
[PR]

by kiss-hoppe | 2012-12-03 17:03 | ☆心のくすり:昔話など